体重減少のための利尿薬:薬の名前、その使用

体重を減らすという問題は今日、これまで以上に重要です。しばしば、それは馬鹿げている点にも達します。普通の体重であるように見える人々は、食生活や激しい運動などで身体を疲れさせ、身体を食欲不振の状態にします.

幸いにも、そのようなケースはあまり一般的ではありません。ほとんどの場合、体重を減らすために、多くの人は特定の食事、運動スケジュール.

利尿薬 препараты для похудения

より簡単ではありますが、それほど効果的ではなく、幾分健康にも有害です。減量(利尿薬)のための利尿薬の使用は、.

利尿薬とは何ですか?

医学用語によれば、利尿薬、または「人々によって」と言われているように、利尿薬はさまざまなタイプの体組織から体液を吸い出して体から取り除くことによって尿の生成を増やす薬です。.

通常、これらの薬物は、人が心血管系の問題または疾患、ならびに腎臓または肝臓を有する場合に使用される。心不全、例えば.

しかし、大量の体液が体内から排除されるため、主に体重の減少(重要:脂肪沈着ではない)のために体重が減少します。このため、多くの人々が体重を減らす手段として利尿薬を使用しています。.

利尿剤の種類

利尿薬は、天然または天然の利尿薬と錠剤の2種類以上に分かれています。どちらもその支持者と反対者です。様々な理由から。この記事では、体重減少のための利尿薬について説明します。.

利尿薬は、ループ、チアジド、および光の少なくとも3つの群に分けられる.

ループピルは、腎臓をろ過し、体内の塩分を取り除く有力な薬です。.

チアジド錠剤は中程度の作用物質を含有する。.

軽い利尿薬はカリウムを洗い流さないように体に作用します。.

フロセミド

フロセミドフロセミドと呼ばれるピルは、ループバックの形態に属する薬物で、心臓や腎臓の不全に使われ、すべての利尿薬の中で最も手頃で効果的なものの1つです.

その作用は短期間であり、同時にマグネシウムイオンとカルシウムイオンを身体から洗い流す。.

しかし、ほとんどの場合、医師は極端な緊急事態においてのみフロセミドを使用することを推奨することに注意することが重要です。.

この薬の誤用により、体内を循環する血液の量が減少し、不整脈、食欲不振、悪心、および渇きが生じることがあります。効力、蕁麻疹およびそう痒を減少させるリスクもある.

トラセミデ

トラセミデループ利尿薬のもう一つの代表的なものは、トラセミドと呼ばれる薬です。これは、同じ心不全の治療中に医師によって処方され、肝臓や腎臓の様々な病気です。.

それは、フロセミドよりも強力な作用およびより長い作用時間を有する。薬物の最大の利尿効果は、適用後2〜3時間に達する.

トラセミドを使用した場合、急性の遅延尿排泄、難聴、発疹、かゆみ、頻脈、吐き気、嘔吐、下痢があらわれることがあります.

アリフォン

アリフォンArfionは体重減少のチアジド利尿薬の代表であり、同時に利尿作用がありますが、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、塩素イオンを体内から取り除きます。高血圧と一緒に服用することをお勧めします.

服用している薬剤の量を常に増やす(最初に医師に相談しなければできない)ことは、副作用が増える可能性がある.

上記の副作用は、摂取される薬物の用量に依存する。線量が多いほど効果は強くなります。アリフォンの使用は、嘔吐および悪心、便秘および不整脈、肝機能および発疹の障害を引き起こし得る。.

ヒドロクロロチアジド

ヒドロクロロチアジドヒドロクロロチアジドは、最も手頃な価格のチアジド系利尿薬の1つです。通常、高血圧、緑内障、および尿崩症のために医師によって処方される。.

それは強く持続性の利尿作用を有する(作用持続時間 – 12時間)。生物に影響を与えると同時にカルシウムイオンに影響を与えることなくカリウム、マグネシウムおよび重炭酸イオンの洗い流しを引き起こす.

ヒドロクロロチアジドは吐き気や嘔吐、下痢、場合によっては膵炎、視力障害、頻脈を引き起こすことがあります。.

インダパミド

インダパミド体重減少のための別のチアジド利尿剤は、Indapamideである。その入手可能性において、それはヒドロクロロチアジドより劣っていない。それは高血圧を治療するために使用され、アリフォン.

インダパミドは、不整脈、吐き気、嘔吐、下痢または便秘、かゆみ、蕁麻疹および発疹を引き起こし得る。.

Veroshpiron

Veroshpironフロセミドのようなベロシピロンは、最も一般的な利尿薬の一つです。それはしばしば心不全の腫脹を和らげるために使用されます。.

この薬の使用による利尿効果は、2日目または5日目にのみ現れることに注意してください。.

誤って計算された用量と薬物の使用方法は、下痢、悪心および嘔吐、めまいおよび頭痛、眠気および意識の曇りを引き起こす可能性がある。さらに、かゆみや発疹、筋肉のけいれん、さらには急性腎不全が起こることがあります。.

アミロライド

アミロライドAmilorideは、Veroshpironのように、軽い利尿薬です。心不全や高血圧症、高血圧症を治療するために医師によって使用されています.

アミロライドは吐き気や嘔吐、発疹や頭痛を引き起こし、血圧を低下させる可能性があります。.

薬の使用の特徴

上記リストされた薬剤が有する強い利尿作用のために、それらの使用の用量および様式は、経験豊富な医師と調整されるべきである。.

同時に、利尿剤の使用中に、専門家の定期的な監督下にあることは不必要ではない。したがって、利尿薬が伴う危険な影響を避けることができます。.

それは重要です: 妊娠中および授乳中に利尿薬は厳格に禁忌である。上記を含む。それは、母親の健康、さらに重要なことに、子供の健康を損なう可能性があります.

副作用に関する追加情報

任意の利尿剤の使用中、所望の効果は決して達成することができない。そして、これは体に何らかの問題がある場合にのみ起こります。.

腎臓が健康でない可能性があります。腫れがある場合は、すぐに腎臓科医に連絡してください。閉経中に発生した場合は、婦人科医に相談する必要があります。胸の痛み?心臓専門医に!

メニュー сыроеда次の記事は、食べ物を食べる人になることを決めた人、食事を適切に作る方法を知らない人を対象にしています。生の食品:レシピ付きの週のメニュー。私たちの専門家は、!

月に15kgの体重を減らす方法については、こちらをご覧ください。急速な体重減少は不快な結果を招くので、医者に相談することは余計なことではないことに留意してください.

そしてここで、体重減少のためのタンパク質 – 炭水化物の交互作用について読む。システムは効果的に動作します!

利尿薬の利点と害

緑茶や水などの天然のものであろうと、フロセミド、ベロシピロン、アリフォン、インダパミドなどの利尿剤の使用によるプラスの効果は、体重が実際には減少するだけです。一時的かつ長期間ではありません.

しかし、害は益よりもはるかに多く得られます。体重は体液排泄により減少する。.

人体に余分なものや体内のすべて、腎臓や心臓から血液などの体液には何もないので、正常な機能に必要な機能を果たすので、利尿薬を過剰に消費すると微妙なバランスが崩れ、重大な結果につながる可能性があります。.

汚れ、脱水症状があらわれることがあります。疲労、不規則な鼓動、電解質の喪失.

後者は、心臓の正常な機能を妨げるだけでなく、神経インパルスの伝達を妨害する。その後、あなたがこれに注意を払わなければ、それは内部の器官への損傷につながる可能性があります。.

もちろん、体内に過剰な体液があると、利尿薬の使用は有益です。しかし、身体に害を与えないように、採取した薬やチンキ剤の用量を正確に計算することが重要です。.

人々はしばしば、「どの利尿薬が減量のために優れていますか?」という質問をしばしばします。どの利尿薬が減量に最適であるかを明確に言うことは不可能です。このケースは純粋に個体です。.

例外なく、すべての生物は異なっており、それぞれが個別のアプローチを必要とします。これは、認定された専門家のみが提供することができ、他の誰も提供できません。.

利尿薬に関する一般規定

  • 利尿薬は、主に薬用目的で使用されています。腎臓、肝臓または心血管系の問題。
  • 減量は利尿薬の使用の主な目的ではありません。
  • 利尿薬は身体から体液を排出する。
  • 減量は、流体の重量を減らすことによって達成される。
  • 体内の脂肪沈着は残っており、利尿剤の助けを借りてそれらを取り除くことは不可能です。
  • 利尿薬は短期間のスリミング効果をもたらす。さらに液体の量が回復する。彼らの助けを借りて一度だけ体重を減らすことは不可能です。
  • しかし体を脱水に持っていくことは非常に現実的です。
  • いかなるタイプの利尿剤も、医師の許可を得て厳重に服用すべきである。
  • 自己投薬しないでください。
  • 体内に過剰な体液がある場合、利尿薬を服用することができます。しかし、それは医師の監督下で行うべきである。.
要約すると、それは重量を失うための最善の方法は、食品の適切な分離と定期的な運動であることに注意する価値がある.

適切な食事を作り、正確な訓練システムを編成することで、体重を減らす上で、さらに重要なこととして、長期的な結果を得ることができます。.

はい、あなたは多くの努力、時間、忍耐を費やす必要がありますが、効果は完全にすべての費用を返済しますが、これは体重減少のための薬物として利尿薬を使用する場合ではありません.

いわゆる「乾燥」の場合には、利尿剤も適切である可能性がある。しかし、経験豊富なコーチに相談する方が良いでしょう。.

当然、その選択はその人のために残る。決定を下すことはできません.

About

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

4 + 5 =